株のNHC(ニューホライズン キャピタル株式会社)まとめ

nhcはエクイティ投資を中心とする投資ファンドの運営、経営アドバイザリー業務を行っています。

株 nhc

nhcの安東取締役会長兼社長は2002年フェニックス・キャピタル(現・ニューホライズンキャピタル)を創業し代表取締役CEOに就任。現在までに、国内機関投資家の出資による企業再生ファンド8本(総額約2500億円)を組成。市田・近商ストア・東急建設・不動建設・世紀東急工業・三菱自動車工業・ゴールドパック・ティアック・ソキア・日立ハウステック・まぐまぐ・たち吉など、流通・建設・製造業に亘る数多くの企業の株主・取締役としてハンズオンで再生と成長を実現してきました。数多くのメディアで執筆なども行っており、覚えておきたい著名人です。

「株のNHC(ニューホライズン キャピタル株式会社)まとめ」続きを読む

株の休み(株式投資の取引時間は?)

株式出資をする場合に、1日の取引がいつ始まり、いつ終わるのか、祝日、年末年始は如何になっているのか、ちゃんとと覚えておきましょう。

株 休み

株を売買可能な時帯は、平日の朝9時から11時30分まで(前場)と12時30分から15時まで(後場)となっています。この時帯に東京証券取引所などの株式市場が開いていますので、株価が動きます。平日以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みですので、取引ができません。

「株の休み(株式投資の取引時間は?)」続きを読む

野村證券株について

野村證券の会社情報、関連ニュース、決算情報を掲載。

【株の野村證券】

野村HDの会社情報

会社名
野村HD
英字表記
NOMURA HOLDINGS,INC.
URL
http://www.nomura.com/jp/
概要
独立系の証券最大手。海外はアジアを重視。国内はストック収入を重視へ。
業種
証券・商品
テーマ
[証券][株式市場][M&A][サービサー][企業再生][NISA関連][米国会計基準][インド関連][オーストラリア関連][外国為替証拠金取引][農業経営][アベノミクス関連][東京オリンピック][金融][JPX日経400]
比較される銘柄
<8601>大和証券グループ本社、<8306>三菱UFJ、<8316>三井住友FG

会社プロフィール

証券最大手で独立系。国内では個人向け(リテール)、法人向け(ホールセール)ともに営業力、顧客基盤で同業他社を圧倒。が、国際展開は挫折を重ねる。近年も2008年のリーマン・ブラザーズの事業譲受による欧州拡大が失敗、12年から欧州拠点縮小などリストラ断行。アジア重視の戦略を明確化。実績・専門性重視の報酬体系とする「グローバル型社員」制度を国内営業部門以外で09年度導入。リテールでは顧客に投信の長期保有促す営業を徹底化。

過去のニュース

ここでは過去話題となった代表的なニュースをお伝えします。

2017年01月31日野村證券、4-12月期(3Q累計)税引き前が35%増益で着地・10-12月期も86%増益

野村HDが1月31日大引け後に決算(米国会計基準)を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は前年同期比35.5%増の2404億円に拡大しました。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結税引き前利益は前年同期比85.9%増の959億円に拡大。

2016年10月27日野村證券、上期税引き前が15%増益で着地・7-9月期も4.1倍増益。

野村HDが10月27日大引け後に決算(米国会計基準)を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比14.8%増の1445億円に伸びました。直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比4.1倍の817億円に急拡大。

2016年07月28日野村證券、4-6月期(1Q)税引き前は41%減益で着地

野村HDが7月28日大引け後に決算(米国会計基準)を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比40.8%減の627億円に落ち込みました。

株の平均利回りとは

平均利回りとは?投資をする上で、覚えておいて損はないことですので分かりやすくまとめてみました。

株の平均利回り

複利運用で運用された結果得られた利息収入を、1年当たりで得られた利息として平均したもの。複利運用とは、一定期間ごとに発生する利息を元本に組み入れ、さらに次の運用期間を運用することによって利息を増やす運用方法です。 単利運用の場合は、常に元本額は一定として利息計算が行われますが、複利運用の場合は利息を元本に加えるため、運用期間の経過に伴って元本額が増え、その結果として利息収入も増えやすくなります。ただし、複利運用の利回りを計算する場合、時間の経過に伴って元本額が増加していくため、得られた利息を単純に元本で割るだけでは利回りの正確な利回りを算出できません。そのため、全運用期間中に得られた利息を運用年数で割り、さらにその額を当初の元本額で割ることによって、1年当たりの平均的な利回りを算出します。

「利率」と「利回り」は違うものです。

利回りには「所有期間利回り」「直利回り」「最終利回り」など、色々なものがあります。また、複利運用によって利回りが表示されるものとしては「ゆうちょ銀行の定額貯金」「銀行の3年以上の預入期間があるスーパー定期」「中期国債ファンド」「公社債投資信託などがあります。

金融機関の窓口では、利率ではなく利回りを言って、有利に聞こえるようなケースもあります。しかし、利率と利回りは計算方法がぜんぜん違うものですから、同じように比べることはできません。利率で表示されているものと比べる時はもう1つもちゃんと利率で比べるべきです。

お金を預ける時や運用するとき、またはお金を借りる時に使われる「利子」「利息」「金利」「利率」といった言葉。それぞれ同じような意味で使われることが多いですが、実際にそれぞれの意味の違いについてはご存知でしょうか?今回はこの利子と利息の違い、また金利と利率と利回りの違いについてまとめていきたいと思います。

金額とレート(%)の違い

まず、「利子」「利息」「金利」「利率」という言葉は大きく「金額」と「レート(%)」で分けることができます。「利子と利息」は実際の金額を指し、「金利と利率、利回り」はレート(%)を指します。

お金を運用したり、借りたりして支払う金額のことを「利子・利率」と呼び、その計算レート(通常は%で表示)を「金利・利率・利回り」と呼びます。

100万円の定期預金を年利(1年あたりの利率)3%で1年間運用したとします。 このときの利子・利息は3万円、金利・利率・利回りは3%ということになるわけです。それでは、利子と利息、金利・利率・利回りにはそれぞれ違いはないのでしょうか?

利子と利息の違い

基本的に違いはありません。貸したお金や借りたお金にかかる費用を利子、利息と言います。

慣例的には、「受け取るお金は利子」と呼ばれており、「支払う場合のお金は利息」と呼ばれることが多いようです。銀行などでは上記のように区分しており、定期預金の利子、住宅ローンやカードローンの利息と分けて使うことがあるケースもあるみたいですが、扱いは結構自由です。利子や利息という言葉を使う時はさほど気にして使い分ける必要はなさそうですね。

金利と利率、利回りの違い

金利や利率、利回りという言葉は、利子・利息を計算するためのレートです。通常は1年あたりの%(パーセント)で表示されますが、割(10%)、部(1%)、厘(0.1%)のような形で表現されることもあります。2割5分3厘なら「25.3%」と同じ意味です。

年利・月利・日歩の違い

特に何も前置きがない場合1年あたりの金利である「年利」を指しますが、「月利(1カ月当たり)」「日歩(1日当たり)」などを指す場合もあります。月利は年利を12(カ月)で割ったもの、日歩は年利を365(日)で割ったものになります。

このあたりはしっかりと確認しておく必要がります。たとえば、お金を借りる時、カードローンやキャッシングなどは実質年率という「年利」で表現していますが、質屋の質入れについては「月利」で表示されているのが一般的です。

また、違約金などは日歩で表示されることが多いです。日歩というのは1日当たりという意味ですが、日歩○銭というように率ではないことが多いです。日歩○銭は、100円あたり○銭(1銭は100分の1円)という意味になります。

同じ率で表現する金利・利率・利回りの意味の違い

金利と利率、利回りの違いですが、金利と利率については違いは基本的にありません。どちらも同じ意味で用いられます。意味は「1年に発生する利子の元本に対する割合」です。

一方で「利回り」というのはちょっと変わってきます。金利や利率は1年を単年で見るのに対して「利回り」というのは「特定の運用に対する収益を1年当たりに換算したものを指します(年平均利回り)」。

たとえば、年利3%の5年間の定期預金(半年複利)という商品を例に考えます。金利・利率は表記の通り3%となりますが、利回りは異なります。この定期預金は年利3%の半年複利なので半年ごとに利子(利息)が計算され残りの半年はそれが上乗せされた状態で次の利息が計算されます。

仮に100万円をこの定期預金に預けた場合、半年後に3%の1/2である1.5%が上乗せされ、その半年後には上乗せされた預金に1.5%が上乗せされます。

具体的な数字で見ると

  • 半年後:101.5万円
  • 1年後:103.0225万円
  • 1.5年後:104.5678万円
  • 2年後:106.1363万円
  • 2.5年後:107.7284万円
  • 3年後:109.3443万円
  • 5年後:116.0540万円

となります。トータルの利子は元金である100万円を差し引いた16万540円ということになります。5年間運用しているわけですから、1年あたりに換算すると5で割って32108円、投資額は100万円なので利回りは3.2108%となります。

資産運用や投資をする場合、より実態に即しているのは金利よりも「利回り」という表示になりますね。ただし、金利・利率よりも利回りは複利運用される分、高く表示されます。そのため、一部の金融商品などでは意図的に「利回り」という表現を使うことで、他の金利表記の商品よりも有利であるように見せかけるようなケースもあります。

そのため、金融商品(特に投資商品)を比較するときは、それぞれの違いをしっかりと把握した上で見比べましょう。

株のヘッジ取引とは?

ヘッジ(Hedge)とは、回避を意味する言葉です。株の世界では、現物の株価変動リスクを先物取引などを利用して回避(ヘッジ)する取引のことを指しています。

株 ヘッジ

例えば、現物株を保有している投資家が、株価下落が予想される状況で、現物の保有株を売却せずに先物等を売り建てることです。保有している現物株に発生する含み損を先物等の利益えカバーしようとする取引などが代表的です。

「株のヘッジ取引とは?」続きを読む